産後うつの人に絶対に言ってはならない言葉3選。

 

こんにちは。

HSP気質ママの幸せバランスセラピー

心理カウンセラーの、かなざわみおです。

 

今日は、私が産後うつに陥ってしまった時に旦那さんから

言われて落ち込んだ言葉ベスト3をまとめてみましたので

読んでいただけると嬉しいです。

 

まず3位から。

 

「いつから働くの?」

 

➡︎はい。絶対にしてはいけない質問です。3位になってますが、自分の心の中に深く刻まれた言葉としては1位と同等に強烈なインパクトを残すワードでした。

 

なぜなら、私はもうすでに朝から晩まで赤ちゃんとずっと一緒に過ごし機嫌がいい時も、そうでない時も遊んでいるばかりでなく子どもの命を守るために必死に初めての子育てという仕事をしていた訳で、慣れないながらもお母さんとして頑張っていたからです。

 

もちろん、旦那さんに悪意はないのは重々承知の上で、その言葉を受け取ったのですが、それを踏まえても許せませんでした。一晩寝たら大抵のイヤなことは忘れられる私が、そこそこ長いあいだ根に持った出来事です。

 

そして2位

 

➡︎「俺のご飯ある?」

 

これは一見、頼られているような、愛されているかのような

ニュアンスでとられる人も中にはいらっしゃるかもしれませんが産後うつだった私にとっては「これ以上、私に働けというのか?」

普段なら、なんでもない会話のやりとりも、いちいち腹が立ったり落ち込んだり感情の波は激しく心の中は、ひとりジェットコースター状態でした。

悪気がなく普段どおりの旦那さんにはもちろん伝わっていませんので

今思えばあのとき冷静に言葉で伝えられていたら良かったかもしれないですが

そのようなコミュニケーション能力を持ち合わせていなかった上に相手を思いやる気持ちの余裕もありませんでした。

なんせ自分が今、誰よりも死にそうなくらい辛い思いをしていると感じている訳ですから。

 

その出来事から7年経った今では客観視できますが当時はお先真っ暗で、いつまでこんな暗い気持ちが続くのだろうと、誰かに打ち明けることすらできませんでした。

 

そして栄えある1位

 

➡︎「メスゴリラのよう」

 

 

どうやら長男を抱っこしたくてコミュニケーションを取ろうと思ったその時、私が赤ちゃんを誰にも渡さないぞと言わんばかりに必死に守っていたようなのです。授乳をしていたついでにボーッとしていた私の後ろ姿を見た旦那さんはおそらく、産後の髪の毛ボサボサの一回りデカいからだの私が赤ちゃんを抱っこしている様子を明るい口調でゴリラに例えたのでありました。

 

こころが健康な状態で冗談を言われた時には

 

 

 

「せめてイケメンゴリラにしてくれ。」とか

 

 

 

 

「どうせならカピバラがよかった。」

 

 

 

 

など、何かしら返すことができますよね。

 

しかし・・・

 

産後うつの私が行き着く考えは一つ。

 

「よし。今日中に荷物をまとめて、この家を出ていくしかない。」

「もう、この人のそばにはいられないな。」

 

一人で子どもを育てていくと腹を括ったことが何度かあります。

 

そんな私は現在、男の子2人のお母さんになり下の子は6歳になりました。

当時の気持ちを完全に忘れた訳ではないけれど、今は幸せを感じながら家族との何気ない日々を過ごしており

 

自分が感じていた気持ちや、母になってからの葛藤の日々を

どなたかの参考になりますようにという気持ちで少しずつ思い出しながら綴っていこうと思います。→詳しい内容はこちら

 

今日もここまでお付き合いいただき、ありがとうございます^^

 

 

 

🌼LINE友だち追加でお得な情報get

↓↓↓