今さら聞けない。アダルトチルドレンって何?

こんにちは。

仕事も子育てもプライベートも

いつでも小さな幸せを感じられる

心理カウンセラーの

かなざわみおです。

 

ブログに遊びに来てくださり

ありがとうございます。

 

あなたは

「アダルトチルドレン」

という言葉を

耳にしたことはありますか?

 

よくわからないうちは

どこか他人ごとのように

捉えてしまうこともありますよね。

 

以前の私もそうでした。

 

アダルトチルドレンとは

簡単に言いますと

 

幼少期に何らかの事情で

親に甘えることが困難であったり

子どもらしく振る舞うことができず

いつもしっかりしていなくちゃ。

周りを助けなければ。

と自分らしく、または子どもらしく

いられなかった人のことを言います。

 

なぜ生きることが辛くなってしまうのか?

自己否定をしてしまうのか?

 

カウンセラーを目指す前の私は

自分の努力次第で夢は叶う。

出来ないことや辛い出来事は

自分の行動の結果である。

 

と思っていたので

がむしゃらに頑張ること

人のために自分を犠牲にすることが

正しいことだと思い込んで

それはそれは

エネルギー消費が激しかったです。

 

張り詰めた糸がいつ切れても

おかしくない。

 

そんな状態でがんばり続け

「こんなに努力しても報われない」

という現実を目の当たりにしました。

 

努力が報われるということは

嘘ではないとも思っています。

 

しかし

考え方が偏っていたり

力が入りすぎた状態が続いたり

一歩間違うと

 

・うつ病

・適応障害

・社会不安症

 

など心の病気を発症します。

 

 

また、これらの落とし穴は

 

「自分では気づかない」

「人に知られたくない」

「恥ずかしい」

 

といったような

誰にでもある感情

さらに症状を

こじらせてしまうことです。

 

そのことに気づいた年齢に

遅すぎることなんてありません。

 

人生は、その人その人で

寿命も違えば

価値観・パーソナリティ・アイデンティティ

も違いますよね。

 

このブログを読んでくださったあなたが

今日からできること。

また、常日頃から気をつけられる

心を軽くするための

幸せ上手習慣

があります。

 

 

それは至ってシンプル。

 

 

「本当の気持ちを隠さないこと」

 

 

誰かに自分の気持ちを

伝えられなくたって良いのです。

 

 

自分自身に対して

反射的に

 

辛い出来事を

「こんなの大丈夫」

 

悲しくても

「泣いてはいけない」

 

人間関係で悩んだら

「もっと頑張れ」

 

と自動的に変換してしまってはいませんか?

 

そうすることで今まで色々な出来事を乗り越えてこられた。

目標が達成できた。

ここまでやってこられたことは

本当に素晴らしいことですよね。

 

よく日本人は

真面目だとか

働きすぎと言われるそうですが

 

根本的に

「自分の気持ちを押し殺すクセ」

が根付いているのかも知れません。

 

それは周りの人に対する

敬意であったり優しさでもあります。

 

島国に生まれ周りの人々と〝上手に″

生きていくための手段を

先人たちから一人一人が学んだ

その結果が今現在の世の中を

作り上げていると思います。

 

他の国にはない良いところも

本当にたくさんあるし

 

実際に他国から称賛されたりもしています。

 

そんな今ある良いところも

決して否定せずさらには

こころの病気で悩む人が

一人でも減ったら

もっと素晴らしい世の中になると信じて

今日も自分にできることは何かを

考えていきたいですね。

 

🌼LINEからもご質問受け付けています。

🌼全国対応【zoom】カウンセリングルーム

HSP・AC専門カウンセリング