アダルトチルドレンかも知れなくて不安なあなたへ。

こんにちは。

 

ナチュラルに明るく

たまに毒舌をぶちかます

 

心理カウンセラーの

かなざわみおです。

 

HSP気質ママの幸せブログへ

お越しくださったあなたに

心より御礼申し上げます。

 

と、言いますのも

 

ブログやSNSやyoutubeなど

わたしも毎日拝見していますけれど

 

限りない膨大な量のチャンネル・記事がある中で

「これだ」と思えるページに辿り着けることほど

奇跡的なことってあるでしょうか。

 

わたしは自分から取りに行く情報

また定期購読しているもので

どれ一つ欠けてもやっていけないと思えるほど

今、自分に必要な情報をゲットしたい欲が強いです。

 

そして

「これは今の自分に必要ではない」

と思う情報は

0コンマ何秒レベルで判断がつきます。

 

例えるとするならば・・・

親が良かれと思って差し出したおもちゃを

興味がないからいらんわ。ポイッ

 

 

とする赤ちゃんの感覚に近いかも知れません。

 

さて、

近頃わたしのカウンセリングルームでも

ご相談がとても多い

アダルトチルドレン

についてお話ししたいと思います。

 

この言葉の解釈で間違いやすいのが

 

・大人になりきれない子ども

・子どもの頃に暴力、虐待を受けた人だけのこと

・家庭環境が劣悪だった人のこと

・片親で育った人

 

などと偏った捉えられ方、勘違いされがちです。

 

では一体どのような解釈をするのが良いのでしょうか。

 

わたし自身もよく知らないうちは

まさか自分がアダルトチルドレンに

当てはまるなんて・・・

と感じていましたが

 

・良妻賢母、仕事熱心な父に育てられた人

・勉強、スポーツ、多方面で優秀だった人

・いい子でいなくては愛されなかった人

・成績を残すことで親から初めて褒められたり認められて来た人

 

のなかにアダルトチルドレンチェックで当てはまる項目が

たくさん出てくるケースが多いのです。

 

なぜかと言いますと

 

「条件付きの愛」

 

をまだ無力だった幼少期から

周りの大人たちに植え付けられたり

 

あるいは実際に身体的暴力・精神的暴力を

うけてきた自覚のある人もいます。

 

 

大切なことは・・・

 

 

自覚がない人もいるのだということ。

 

また、自覚のない人たちは

自分は大丈夫と強がって

自分の内面と向き合わず

症状をこじらせたり

他人が苦しんでいる様子を見たときに

自分には関係ないことだと思ったり

 

そのような辛さ・苦しみを抱えて生きてきた

人たちに対し軽蔑の目で見たり

偏見をもったりしないことです。

 

 

なぜなら・・・

 

 

そういうことをしていると最終的に

誰が一番苦しい思いをするのかというと

 

 

無意識に軽蔑・偏見をしてしまう本人であるからです。

 

 

自分もそうかも知れないのに

人に対して冷たい態度をとっていると

 

ゆくゆくは自分を傷つけていることと同じで

他でもない本人が一番苦しい思いをするでしょう。

 

人を救えないとしても傷つけることは

しないほうがいい事は言うまでもないですよね。

 

またアダルトチルドレンのお悩み・生きづらさは

カウンセリングで比較的短期間で根本解決する

 

ということが現代は可能になってきているのです。

 

一度きりの人生、苦しい時間を過ごすことを

少しずつ手放して、ここから新たな未来を

歩んでいきましょう^^

 

アダルトチルドレンの生きづらさを根本解決する

→カウンセリングルームはこちらです。

 

🌻LINE友だち追加でお得な情報ゲット

↓↓↓