おしゃれもお化粧も大切な自分のために。

こんにちは。

自分軸で生きることの

心地よさと難しさを両方

味わってきた心理カウンセラー

かなざわみおです。

 

9月も数名の方と

セッションさせていただく中

 

ここ1〜2ヶ月間の間

からだとメンタルの不調を

ご報告いただき

 

やはり秋口になると

暑さと寒さへの対応が

大変だと実感しています。

 

自分自身も

クライアントさんから

 

「鬱々として

昨日も目が冴えてしまい

夜中まで必死に調べ物を

していました」

 

と言われると

不思議とシンクロしていることが

多々あります。

 

 

HSP

の気質を持っている

と、少しでも自覚のある方は

 

季節の変わり目に

注意してくださいね。

 

知っているのといないのとでは

安心感はもちろんのこと

 

対処法・原因と対策がわかって

いざというとき

パニック症状を回避できます。

 

 

例えば

 

⚫︎月経前のPMS症状

⚫︎朝晩の冷えから来る体の疲れ

⚫︎育児中の寝不足と食欲不信からの体力低下

⚫︎家族・お仕事・あらゆる人間関係の精神的ストレス、不安

 

特に女性は

自分自身の健康管理に手間が掛かる上

さらにたくさんのお仕事を

抱えているケースが多いです。

 

そんな時に

思い出していただきたいのが

 

①今、自分の体がどの状態かをまず大まかにでも把握する

②次に、「これをするとメンタルが落ち着く」グッズやルーティンを作る

③できる範囲で周りの人に自分の状態をやんわり説明しておく

 

すると、ちょっと調子がよくないことをわかってもらえて

人間関係の摩擦を最小限に抑えることができるのと

 

何より自分が周りに対して

罪悪感を持ちすぎなくて済みます。

 

HSPさんは

「自分に原因がある」と

真っ先に考えやすいので

 

そうなった時

いつもの流れで自分を責めすぎないようにしてくださいね^^

 

また、PMSの時におすすめの食材は

 

ナッツ類や芋類。

 

そして

ほうれん草や大豆製品、お豆腐。

 

海藻などのミネラルと

キノコのビタミンD。

 

などがあります。

 

朝晩の冷え対策としては

 

・白湯(さゆ)

→ミネラルウォーターの以外の場合はしっかり沸騰させ不純物を飛ばす。

 

・スープ・味噌汁系を1日一回は摂り入れる。

 

・自分に合った筋トレをする。

 

などがおすすめです。

 

 

メンタルが低下したら

本を読んだり

知識をつけたりと

まずは情報を得たいと思いますよね。

 

そこから先が重要で

 

運動すること。

(実際に体を動かすこと)

 

が一番大切です。

 

知識はそこそこにして

晴れた日に5分だけでもお散歩したり

 

朝起きたら日の光を浴び

体に栄養をとり込む。

 

ノンストレスを目指そうとするのでなく

適度なストレスと共存する。

 

うまくバランスをとりながら

自然の恵を受けて

この秋も楽しめたら良いですよね。

 

また、意外にも外見を整える事こそ

心の安定を保つための手っ取り早い

対処法とも言えます。

 

カタチから入ることも一つの手です。

ぜひ自分にあったメンタルケアを

試してみてください。

 

 

今日もあなたの暮らしが

心地よいものでありますように。

 

かなざわみお

 

🔴HSP/HSS 幸せバランスセラピーホームページ

🔵【全国対応オンラインカウンセリング情報】

🌼LINE公式アカウントからご予約できます