〜かくれHSPさん生きづらさ改善の3つの法則〜

こんにちは。

HSP気質ママの幸せバランスセラピー

心理カウンセラーの、かなざわみおです。

 

あなたは、こんなお悩みありませんか?

 

考えすぎ、気にしすぎだよ。と人から言われる

周囲から理解されないことが多い

意気揚々と活動していても外部からの刺激ですぐに心が折れる

 

など。他にも生きづらさを感じてしまう場面は

人によって様々だと思いますが

 

これらの問題の解決方法はズバリ!こうです⬇︎

 

学校(会社)の人間関係のみに終始しないようにする

本当はどうして欲しいのか発信をする練習をする

ポーカーフェイスでマウンティング回避

 

この3つが有効的です。

なぜなら、あなたはHSS型(活発・活動的な)

繊細さん気質であるからです。

 

生きづらさを抱えながらも

これまでに疑ってきたカテゴリーで代表的なもので

「発達障がい」「アダルトチルドレン」「うつ病」「躁鬱病」「パーソナリティー障がい」

このどれかに自分は当てはまるのではないかと思ったことがありませんか?

そして「やっと悩みから解放される・・・」

そう期待したかもしれません。

典型的なHSPさんはどれかに当てはまる可能性が高いのですが

HSS型HSPさん(かくれ繊細さん)は、これらの症状と明らかに違う部分があります。

 

発達しょうがいであれば「他人への共感力が低い」「社会性が低い」ところに該当しない。

アダルトチルドレンでいえば「親を許す」ワークにピンとこない。

うつ病かといえば「嬉しことがあれば、やる気が出る」点では違和感がある。

 

かくれ繊細さんは疲れた時は気力もでず、何もやる気にならず、喋りたくもないのですが

少しの時間でも「一人で休むことができれば元通りに活動することができる」という人が

多いです。

 

 

例えば・・・

 

家に帰りSNSで人と交流しているうちに嫌なことを忘れてスッキリした

学校や会社では本音を言えなくても家族には「私はこうしたい」と意思を伝えることができた

マウンター(優越感を得たい人)にいじめられそうになっても表情ひとつ変えず逃げ込み一人の時間を作って更にエスカレートすることを食い止められた

また、それが自信に繋がった

 

などがあります。

 

かくれ繊細さんは、とても感じの良い人が多いです。

人を嫌な気持ちにさせない(配慮する)ということが身についているので

 

 

人間関係で心折れそうになってしまった時は

「自分のせいじゃない」という考え方と

「心の底から幸せ探しをする」ことを意識して過ごして欲しいと思います。

 

 

ご覧いただきありがとうございました。

 

▷ご予約はこちら